カテゴリー
未分類

探偵が教える意味のある浮気の証拠とは

もし、配偶者が浮気をしていたらあなたはどうしますか?
浮気をしていても気にしない方は少数で、浮気を辞めさせたり離婚を考える方が多いのではないでしょうか。また、浮気相手を許すことができず慰謝料を請求したいと思う人もいるでしょう。
ただし、浮気をしている人は浮気を問い詰めても認めない人が多く、言い争いになることが少なくありません。その結果、夫婦関係が今よりも悪化してしまったり、相手を信用できなくなる方が多いのも事実です。
浮気の事実があったとしても、相手が浮気を認めなければ話し合いはできませんし、離婚や慰謝料の請求ももちろんできません。
このような時には浮気の証拠が必要になるのですが、どの様な証拠が必要なのかを浮気の証拠収集を多く行っている探偵が解説します。
希望の結果を得るためには、必要な証拠が異なることも少なくありませんので、あなたにとって本当に意味のある証拠を手に入れる必要があるでしょう。

本当に意味がある浮気の証拠を解説してくれるのはこちらの探偵になります。
浮気調査を行っている探偵 名古屋調査室ai

浮気の調査を積極的に行っている探偵ですので、探偵に浮気調査を考えている方は確認してみましょう。

目的によって必要な証拠は異なる

一言で浮気の証拠と言っても、あなたの求めている最終目的によって必要な証拠は当然異なります。
配偶者に浮気を認めさせるだけが目的であれば、そもそも証拠が必要ない場合もありますし、相手が浮気を認めるに足りる証拠があれば十分と言うことができます。
その反面、浮気を理由に離婚がしたい場合には、法廷離婚事由と呼ばれる民法に定める不貞行為の証拠が必要になることが多いでしょう。
また、浮気相手に慰謝料を請求したい場合には、浮気の証拠だけでなく浮気相手の特定が必要になります。
それ以外にも、これらを話し合いだけで解決するのか裁判に発展する可能性があるかによっても、必要な証拠が異なることになります。
つまり、「あなたがどうしたいのか」「相手がどのような行動に出るのか」によって必要な浮気の証拠は異なることになります。

浮気を辞めさせることが目的の証拠

浮気を認めさせて辞めさせることが目的の場合には、相手が浮気を認める証拠があれば十分といえますので、相手の性格によって何処までの証拠が必要かを判断する必要があります。
LINEなどの履歴やホテルのポイントカードなど、状況証拠だけで浮気を認める相手であればその証拠だけで十分と言うことができるでしょう。
ただし、浮気をする人は浮気の事実を認めないことも多い現実があります。浮気を問い詰めても認めない可能性がある時には、より確実な証拠があれば浮気を認める可能性は高くなりますので、確実な証拠があればそれだけ安心できるでしょう。
つまり、浮気を辞めさせることが目的の時に必要な証拠とは、相手が浮気の事実を認める証拠と言うことができるでしょう。

浮気を理由に離婚を成立させることが目的の証拠

結婚をするときにお互いの同意が必要なように、離婚をするときにも夫婦お互いの同意があれば離婚をすることができます。
つまり、相手が離婚に同意している場合には、浮気の証拠などは必要なく離婚届けを提出すれば離婚を成立させることができます。
ただし、夫婦関係が破綻している場合であっても、今後の生活やお金のことなどを考えて、離婚に同意しない人も少なくありません。
このようなケースでは、民法が定める法廷離婚事由を満たす浮気が証明できれば、相手の同意が無くても裁判で離婚を成立させることが可能です。
離婚問題で裁判までは行いたくないと考える方も多いと思いますが、裁判で認められる証拠がある場合には裁判をしても結果が変わらないと相手が考えることが多く、裁判を行わなくても離婚に応じる可能性が高くなります。
つまり、裁判で認められる証拠は、裁判を避けるためにも役に立つと言うことができるでしょう。

裁判で認められる浮気の定義とは、性的関係があったかで判断されます。つまり、性的関係が無いデートやキスなどの行為のみでは、基本的に裁判で離婚を成立させることは出来ません。また、LINEなどの履歴やホテルのポイントカードなど状況証拠だけでは、言い訳が出来てし舞いますので決定的な証拠とは言えず、浮気の証拠としては不十分と判断されることもありますので注意が必要です。
通常、性行為は密室で行われますので、性行為自体を証明することは出来根いことが大半ですが、「そう推認するに至る十分な状況」を証明することができれば裁判では性的関係があったと判断されています。
具体的には、ホテルやアパートなどの密室に一定時間男女が居たことを証明することで、密室内で性行為が行われていたと過去の裁判では判断されてます。
そのため、探偵が行う浮気の証拠収集は、密室への出入りを証拠写真として撮影し浮気を証明する方法が一般的です。
この方法を個人で行うことは難しいため、配偶者が浮気を認めない可能性がある場合には、探偵に依頼し証拠を事前に手に入れておく方も多くいらっしゃいます。

浮気相手に慰謝料を請求することが目的の証拠

浮気相手に慰謝料を請求する場合には、上記の「離婚を成立させる証拠」が必要なだけでなく、配偶者が既婚者と知っていたことを証明する必要があります。
浮気相手に慰謝料を請求する場合には、浮気相手に故意や過失があった場合に限られます。その為、配偶者が既婚者と知らなかった場合には、故意や過失が無いと判断され慰謝料が請求できないと考えられます。
最近では、このような情報をインターネットで簡単に調べることができますので、浮気相手が慰謝料の支払いを免れるために使うことが多くなっています。
浮気相手が既婚者と知っていたことを証明する方法としては、一定期間浮気が行われていたことを証明することで対処することが一般的です。会社の同僚や同級生などの関係性であれば、通常は既婚者と知っていたと判断されますが、アプリやナンパ、合コンなどで知り合った相手の場合には注意が必要と言えるでしょう。

浮気相手に慰謝料を請求する場合には、浮気相手の特定も必要になります。浮気相手がどこの誰か分からなければ、慰謝料を請求することは事実上できません。
配偶者が浮気相手を教えてくれればよいのですが、浮気相手に好意がある浮気では相手に迷惑が掛かると考え、浮気相手を教えてくれる可能性は非常に少ないのが現実です。

浮気の証拠は事前に集めておくことが大切

浮気を問い詰めた後は、相手も警戒心が高くなり浮気の証拠を隠してしまう傾向にあります。また、浮気をするときにも注意を払うようになりますので、探偵に調査を依頼しても難易度が高くなることが多くなります。
そのため、事前に浮気の証拠を揃えてから浮気を問い詰める必要があります。相手が直ぐに浮気を認めた場合には、浮気の証拠は必要ないことになってしまいますが、最悪の事態を避けるために証拠を揃えてから話し合いをすると良いでしょう。

浮気の証拠収集は探偵に依頼する方法もある

浮気は通常隠れてするものですので、証拠を集めると言っても自分だけでは難しいことが大半です。また、どの様な証拠が有効なのかは、多くの経験と知識が必要になりますので、わからない方も多いと思います。
探偵が行っている浮気調査は成功率が非常に高いだけでなく、過去の経験から確実に浮気が証明できる証拠収集が出来るメリットもあります。
また、証拠収集後の話し合いで有利になる方法など、様々なアドバイスを受けらえる場合もあります。浮気の問題はデリケートな問題ですので、友人や知人に相談しづらいと感じる方も少なくありません。このような時は、信頼できる探偵に相談をしてみると、自分一人では思いつかなかった解決策が見つかることも少なくありません。
また、あなたの気持ちを理解してくれる心強い味方ができることから、精神的にも楽になったと感じる方も多いようです。
多くの探偵は、相談や見積もりは無料で対応してくれますので、解決策が見つからない方は相談をしてみると良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA